identification

30代会社員が書く雑記です。

入院6日目

入院6日目の朝。だんだん行動が自動的になってきた。基本的には小学校時代と変わらない。やることは事前に準備すること。一番忘れるのはシャワー室へシャンプー、リンスを持っていくこと。自宅だと風呂場にあるし、スーパー銭湯でも持っていかないし、日常の行動でやっていないことはうっかりしてしまう。

 

昨日、一日で病室は4人部屋が良いのではないかとかなり感じた。常時、人の話し声や物音がするのでなんとなく落ち着かない、気疲れする。また、4人部屋の方が機能的にレイアウトされている。貯金して、次回入院するときは4人部屋にするぞ!いや、また入院しないのが一番なんだけど。

 

http://instagram.com/p/cP0n8cAsdZ/
入院6日目の朝食。ご飯、大根の味噌汁、大根の金平風、温泉卵、牛乳。

 

入院6日目の朝食。窓際にいるせいか、写真が逆光になって暗いです。窓際にいるので、時々、病院の屋上を眺めているのですが、美少女患者はなかなか見つかりません。伊勢か、やはり伊勢に行かないと駄目なのか?

 

 

朝食を食べた後に、栄養相談。どうしても外食オンリーになってしまうことを相談したら、以下の本をおすすめされた。外食含め、カロリー、塩分量等がわかるようになっているらしい。

 

毎日の食事のカロリーガイド

毎日の食事のカロリーガイド

 

栄養相談が終わった後は昼食。今日はきしめん風がでたんだけど、きしめんってこんなにめんつゆ濃かったっけ?きしめんを苦労して食べ終わった後、バナナが一本あったので、相当食べ終わるのに苦労した。これ、結構、血糖値上がるんじゃないのか……?

 

http://instagram.com/p/cQRY7JgseG/
入院6日目の昼食。きつねきしめん、バナナ。

 

昼食を食べ終わった後、父親と兄貴一家が来て面会。兄貴がセレブスキャンダルって雑誌を持ってきたんだけど、これ、どうすればいいんだ……?来てもらって、お話しできたので、それは良かった。

 

あと、夕方は友人が来てくれて、頼み事を聞いてもらった。位置的・性格的に頼める人が他にいなかったので、感謝。娑婆に戻ったときの楽しみを増やしていかないと、長く生きようとする気力がなくなり、自暴自棄になってしまうのが怖い。「病気になっていた方が健康的に生きるんだから、一つくらい病気を持っていた方が良い。一病息災だ」という言葉をどこかの本かなんかで見たことあるけど、そう思っておかないとやってられない部分がある。

 

友人が帰った後、夕食を取る。

http://instagram.com/p/cQ444RAscz/
入院6日目の夕食。ご飯、豆腐とネギの味噌汁、キャベツの磯和え、カリフラワーの甘酢、魚の卸あんかけ

 

土曜日にしては珍しく将棋のリアルタイム中継があり、しかも好きな山崎さんの将棋なので、気になってしまう。最初の方は山崎さんらしくない堅実な将棋だったのに、いつの間にか入玉模様で王様を逃がすぜという将棋になりおもしろい。

 

今日も一日が終わると一息ついていたら、明日の検査を聞かされてどひゃー状態に。一日血糖測定(午前0時と午前3時での測定付き)!「寝ていても良いですよ。勝手に取りますから」と言われているものの、寝ている間に針が刺されるというのはかなりの恐怖なんじゃないだろうか……

 

あと、明日は一日測定なんだけど叔母が見舞いに来ると言っていたので、忙しくはないんだけど休めない一日になりそう。とりあえず恐怖に震えながら、今日は眠ることになります。