identification

30代会社員が書く雑記です。

入院一日目

というわけで、無事(?)入院できました。なんか大部屋がいっぱいとのとこで空くまで個室に入っているのですが、引き出しを開けてみたら「この部屋は1日差額21,000円かかります」と書いてあり、なんていうかすごいなあと。

6人部屋の方も少し入り口からのぞいてみたのですが、女性部屋(おばちゃんばかり)はものすごく話し声が聞こえ、カーテンも開けっ放しで開放的なのに、男性部屋はみんなカーテンを閉めて黙々としている。あの中に入るのか……まあ、気楽と言えば気楽ですが。

午前中に体温測定、採血、採尿。あと糖尿値の自己診断キット(指先から血を出して血糖値を調べる)の使い方説明。指先から血を出すなんて血判状くらいしか思いつきませんよ。今日夕方から始めるのですが、ちょっと怖い。

 

http://instagram.com/p/cDZxI8gsdG/
入院後、初めての昼食。量がそこそこあるな。

昼食はごはん、はるさめとハムときゅうりの和え物、チキンのトマト風味、パイン。川崎のパインなので当然Doleさまでございます。ごはん200gなんて久しぶりに食べたので、かなりおなかいっぱいで眠い。

そのあとは問診と検査。このあと、15:30から首のエコー検査があるそうです。なんか尿検査で体が酸性になっているとか、栄養不足とかいろいろ言われた。尿検査ってそこまで分かるのか……会社の健康診断での尿検査と診断項目数が全く違うんだろうな。

 

15:30に首のエコー検査開始。動脈硬化がないかどうか超音波で調べるとのこと。調べている最中の画面が見えなくて、「見たい、僕も動脈が見たい!」とかずっと思ってた。なんていうか理系富裕層向けにリゾート入院(三食ついて、さまざまな検査を機器や状態の説明ありでやってくれる)とかやったら、売れるのではないかしらん?

 

16時から糖尿病についての講義。糖尿病の基礎知識と合併症に関して。これは別項にて。

 

17時30分から初めての自己血糖測定。針の深さが1〜5.5まであって(数字が大きいほど深く刺さって、痛い)、2くらいで普通は十分ですと言われたのに、結局、5にならないと十分な血液量が出なかった。4回くらい刺して涙目に。これから1日最低4回、最大7回計測しないといけない。自己血糖測定マスターになるまで苦難の日々は続く。退院後も続けるとしたら産業廃棄物(針)を持ち歩かなければいけないのか。

 

18時から夕食。食堂で食べるように言われたけど自分のベッドで食べている人がいて、よく分からないなあ。iPhoneを忘れて、写真が撮れなかった。ウナギのちらし寿司と筑前煮とすまし汁と梅のゼリー。

 

19時から明日の検査の説明。1日最高7回だと思っていた自己血糖測定を10回やるらしい。あとホルモンの測定と自律神経系の測定と眼科の測定……結構タフな一日になりそう。その代わり、後半戦は暇な日々になることを願う。(持ってきた本を読んでいる暇が全くない!)